恋愛

【女性向け】アプリで出会いを作る丨Tinderを使った出会いのお話

コロナが蔓延している今、世の中三密を避けるため、送別会や歓迎会、合コンなど出会いの場が一気に無くなってしまいましたね。

女性社員が多い化粧品関係や食品関係の会社員、またはリモート学習が続く大学生の方々は「こんなはずじゃなかった・・・」という思いでいっぱいではないでしょうか。

そんな中で今人気急上昇中なのがマッチングアプリのTinderです。

こんな状況でもやっぱり出会いが欲しい、でもアプリはちょっと怖いかもという方のために、名だたるマッチングアプリを使用してきた私の、Tinder体験談を元に、Tinderでの注意点やポイントを説明したいと思います。

あいのりに出てた桃さんはTinderで出会って結婚したけど、注意点もいっぱいあります

そもそもTinderって何?

Tinderについて

近年ネットやテレビでも取り上げられていて、「マッチングアプリで出会いました・結婚しました」なんてことが普通に言われるようになりましたね。

マッチングアプリにも様々な種類のものがありますが、その中でもTinderは恋活や友達作りに特化していると言われています。

初期は電話番号のみの認証となっていたため、サクラやヤリモクの温床となっていましたが、最近は本人確認書類の提出が追加され安全性は以前よりも高くなったといえます。

また、Tinderは女性より男性が多く登録しているアプリであるため、女性にとっては好みの男性を見つけやすいアプリだと言えるでしょう。

Tinderってどんな仕組み?

Tinderではガチャ方式と呼ばれる、無作為に選出された男性のプロフィールが画面に出される方式をとっています。

距離を選べるため、近所から海外まで幅広く選べます。

その映し出される男性をLike、Nopeと右に左にスワイプしていきます。

メッセージを送るには男性は課金が必要であるため、気になった男性には女性から積極的に声をかけると頻繁にメッセージが返ってきますよ。

Tinderってどんな人がいるの?

あくまで体験からですが、Tinderには大学生やメーカー勤務(男性の多い職場)の方が多く見られました。

恋活や飲み友募集が多いため、年齢は比較的低めです。

(でも一番多いのはヤリモクかもですが)

身長は比較的低めで、顔がイケメンの方が多い(写真上は…笑)と感じました。

女性が多い職場に勤務している男性や医者、高身長高収入イケメンなどは自然とモテるためあまりいないのではないかと思います。

ちなみに、ハイスペイケメンなのに彼女いなかったりする人は、だいたいヤリモクです。

Tinderを使って会ってみよう

まずはお互いに予定合わせて

それでは気になった男性と実際にお会いしてみましょう。

お相手の職業によっては土日に会うのが難しい方もいらっしゃるかもしれませんので、それも考慮してお相手を探しましょう。

中には、会うのを渋る人もいらっしゃいます。

あんまり予定が決まらないようでしたら会う予定をこちらからキャンセルするのもアリです。

コロナ禍だし、最初はオンラインでって形もアリかもしれませんね

事前に通話をしておくとGOOD

事前に通話をしておくことで相手がどんな人かを知ることが出来ます。

声のトーンや話し方、話題選びなどが不快でないかチェックしましょう。

実際に会ったときに「思っていた人と違った」というミスが激減します。

ただ、Tinderに通話機能はないためLINEなどを交換する必要があります。

通話を拒否する人は、実は彼女と同棲中か既婚者の場合もあります

カフェや駅前で待ち合わせ

いよいよ相手に会うということで、会う場所はできるだけ人気の多い明るい場所にしましょう。

理由は後ほど「Tinderの注意点」でご説明します。

ビデオ通話をしていない限り相手がどの人か意外とわからないため、服装や「〇〇の前にいます」など詳しい情報をやり取りしていたほうがスムーズに進みます。

あえて少し遅れて、写真と同じよう人か確認するのも大切かもです

Tinderの注意点

危ない人とちゃんとした人の見分け方

私が人を見分ける際に重視した点をお伝えします。

まず、未成年で趣味欄に「飲み」と書いている人はNopeしました。

他に、自分にとってどうしても譲れないところ(お酒やタバコ、ギャンブルなど)は妥協せずにNopeしましょう。

あと加工が効きすぎたプロフィール写真も注意が必要です。

中には「仲良くなったら見せます」とプロフィール画像黒塗りの方もいらっしゃるのでそちらもNopeしました。

あとは、夜しか会えませんという方も体目当ての危険性があるためNopeしました。

正直、ちゃんとした人2割、ヤバい人8割の印象ですね

実際に会うときの注意点

実際に会う時は午前中や昼間がおすすめです。

夕方は夜はお酒に誘われる可能性もあるので注意が必要です。

会うときは人気の多い時間帯で、人気のある場所やカフェを選ぶことで危険性はぐっと下がると思われます。

正直、ちゃんとした人2割、ヤバい人8割の印象ですね

個人情報は気軽に教えない

ひとつ注意していただきたいことが、個人情報は信頼関係を気づいた後に教えるようにしてください。

名前はお会いした流れで出てしまうかもしれませんが、出来ればハンドルネームで話すのが好ましいです。

それと住所や電話番号、も気軽に教えたりはしないでください。

最初はLINEではなく、カカオトークなど、消してしまってもいいようなアプリを使いましょう。

会社名や学校名も最初は伏せておくほうが無難です。

こちらの個人情報をしつこく聞き出そうとしてくる相手は注意して関わるようにしましょう。

相手としっかり信頼関係を築くことが出来たと思ったら、徐々に教えるようにしてください。

矛盾していますが何かあったときのため相手の個人情報はしっかり聞いておきましょう(笑)

Tinderは気軽だけど、気軽すぎる面もあるアプリ

いかがだったでしょうか。

マッチングアプリの中でもあまりメディアで取り上げられることのないTinder。

それはアプリの危険性があったため公に紹介できない物でしたが、今は違います。

マッチングアプリが世の中に浸透してきた今、どのアプリにも等しく危険性が潜んでいると思っています。

まさに、アプリをどう使うかはあなた次第です。

今回はマッチングアプリTinderについて解説いたしましたが、様々なアプリを使って運命の相手を捕まえちゃいましょう!

真剣なら「ペアーズエンゲージ」のようなのがいいかもですね

ためになった・面白かったと思ってもらえたら、シェアしちゃいましょう。

「あなたの体験談」なんかも、ぜひぜひ教えてくださいね。

最近、Twitterを頑張って更新してます。

読むとちょっとだけ素直に生きれるようになるかも。

オンライン相談

コロナの影響を受け、現在、対面式のサービスやセミナーの開催を中止しています。
でも、恋愛・性・仕事など、いろいろなお悩みが途絶えることはないと思います。

今できることとして、ライン@での相談を開始しました。

以前よりご相談などをいただいていた方も、初めての方でもお気軽にご連絡くださいね。

>> LINEで無料相談など